女の床オナニー!気持ちいい!感度が上がる正しいやり方危険なやり方
「床オナニー」と言われる超気持ちいい自慰の方法があります。女性の床オナニーのやり方や注意点、リスクのない正しい床オナニー、中イキ開発のできる床オナニーのやり方についても解説していきます!

床オナニーとは

女性の床オナニーの体勢

床オナニ(床オナ)ーとは、床に性器を擦り付けて行う自慰の方法です。感じたり、イクポイントは「圧迫」や「振動」で、1度ハマったら最後、抜け出せない方もたくさん!

気持ちいい以上にリスクがあり、癖になるとセックスやその他のオナニーではイケなくなってしまいます。

男性の床オナニー

男性の床オナニーの体勢

「床オナニー」をしている男性はかなりにのぼる、結構ポピュラーなマスタベーションです。床に擦り付ける部分は、亀頭や裏筋で、体重をかけ強い力で刺激し射精へ至ります。ペニスを上に向ける人、下に向ける人、どちらもいますよー。

おちんちんが出っ張っていて床に当たりやすいため、幼少期何かの拍子に気持ち良さに気づき、成長してもやめられずそのまま継続してしまうほど中毒性の高いオナニーです。遅漏やED、射精障害になるなど大きなリスクがありますよ。

明美
昔、セックスしたいと言われたけど、私の体調が悪かったので断ると「おっぱいだけ吸わせてー」と言い、胸を吸いながら体を上下前後に動かして、床オナで射精した男性がいました。
正直、1人でやってろって思っちゃった😓

女性の床オナニーの種類とやり方

女性の床オナニーは3種類ありますが、3つ目は「床オナニーもどき」です。

  1. おばぁちゃん座りになって、クリトリスを中心に女性器を床に擦り付ける
  2. うつ伏せで、床に腰(下腹部)を擦り付ける
  3. うつ伏せなどで、布団や枕などを股に挟んで擦り付ける

(1)おばぁちゃん座り床オナニー

おばぁちゃん座り床オナニーの体勢

おばぁちゃん座りは、アヒル座りやぺたん座り、女の子座りなどと言いますが、体の硬い女性にはできないオナニーですね。身体のつくりによって、性器があたりやすい方あたりにくい方に分かれるでしょうが、お尻を前後左右にゆすったりグラインドさせ性感を得て、オーガズムに達します。

小さな頃からしている女性もいるんですよー。

現在1歳5ヶ月になる娘のママですが今、大変悩んでいます。
娘には11ヶ月頃から自慰癖があり、はや半年が過ぎました。行為は触ったりはしないのですが、耐えずお座りをしてお尻を床につけ、両手を前について擦っています。しかもウツロな表情になり汗ばんでいるのです。この行為は家に居て気がつけば耐えずやってます。お友達と遊んでいてもやってます。

明美
軟体ならこんな体勢でも、床オナニーができちゃう。↓名前をつけるなら「180度開脚オナニー」とかかな。

床オナニーができる軟体の女性

(2)クリトリスに直接触れない床オナニー

クリトリスに直接触れない逆エビ反り床オナニーのやり方

 

(2)の床オナは、男性の床オナニーと似ていますが、クリトリスを直接刺激しない床オナニーです。

この女性の床オナ動画を見ていただければわかりますが、お尻をギュウギュウ引き締めて、「足ピンオナニー」も加わり逆エビ反りっぽくなっています。

クリトリスにも膣内にも触れないのにイクなんて・・・そう思うかも知れませんが、下半身を床に擦り付けたり押し付けることで、圧力が恥丘から性感帯に振動が加わり、オーガズムに達します。手の指まで反り返るほど、全身に力を入れて集中しているのがわかりますね。

明美
この床オナニーは、かなりの集中力や体力・妄想力のいる上級者のオナニーと言えますよー。

盛りマンの女性の方が、圧力や振動がかかりやすいのでイキやすいかもしれません。

(3)股に挟んで刺激する床オナニーもどき

ネットでよく見る、布団や枕、クッションなどを股の間に挟んで押し付けるという「床オナニー」は、「うつ伏せオナニー」や「押し付けオナニー」「布団オナニー」で、厳密に言えば「床でするオナニー」ではありません。

かなり、屁理屈ですが😅

床に布団やクッションなどを置いて、うつ伏せで乗っかるオナニーは、床オナになるのかもしれませんが、ここでは「床オナもどき」で解説していきますねー。

女性の床オナニーのリスク

リスクのある床オナニーのやり方

床オナニーや間違ったオナニーによるリスクは、感度が鈍くなったり、セックスや他のオナニーでイケなくなってしまうことです。原因は、クリトリスに強い力が加わること、足を伸ばす。この2つです。

  • おばぁちゃん座り床オナニーはリスクが低い(ベッタリとクリトリスをきつく密着できる方は例外)
  • 触れない床オナニーは、足を伸ばしている状態が問題
  • 「床オナニーもどき」はかなり高リスク
低リスク 中リスク 高リスク
おばぁちゃん座り
床オナニー
触れない
床オナニー
床オナもどき
弱い刺激 直接刺激なし 強い刺激
足ピンなし 足ピン 足ピン

 
クリトリスの先端には、亀頭の2倍(8000もの)神経終末がありとっても敏感です。本来は優しく触れるだけでも十分イケるのに、強すぎる刺激を与えると慢性化し感度が鈍ってしまうんです!

そして、足を伸ばして性器周りのPC筋を緊張させる癖がつくと、その体勢だけでしかイケなくなってしまうんです。セックスでは、ずっと足を伸ばした状態でするのは不可能、それに、そこまで強い圧迫の力はかけられませんよね。

2ちゃんねるのまとめサイトで、以下のような書き込みを見つけました。両足開いて床に押し付けるオナニーをして、セックスでは絶対イケないと語っています。

女だけど床オナでしかイけないんだがwwwww
セックスでは絶対イけない
栗もだけど膣まわりの筋肉押し付けると気持ちいいんだ
男みたいにゴシゴシするわけじゃないよ押し付けてちょっと動かしてるぐらい
うつ伏せになって両足開いて床に押し付けるだけ 他の方法ではイけなくなる謎の圧

中イキもできる床オナニー

クリトリスに触れない床オナニーで中イキできるクリトリス解説画像

クリトリスに触れない「床オナニー」は、中イキできる可能性もあります。下腹部からの振動は、膣内の性感帯へ届くからですよー。

中イキと言っても、イク場所が違うだけで、外イキ(クリトリスイキ)と中イキ(Gスポットイキ)は、医学的には同じと言われています。

  • クリトリスの先端でイクのが外イキ(クリトリスイキ)
  • 体内に埋まっているクリトリスの部分でイクのが中イキ(Gスポットイキ)

クリトリスに触れなくても、体内に刺激が届けばイクこともできるんです!恥丘や腰骨などに電マやローターを当てる「骨振動(骨伝達・骨伝導)オナニー」や、筋トレでイク「コアガズム」という中イキとも似ていると言えます。

ただ、上記の女性のように足ピンしすぎると危険だし、過剰に癖づくとこれでしかイケなくなるので、注意が必要です!

床オナニーでしかイケない女性の改善法

床オナニーが常習化している女性は、以下の5つを心がけてオナニーをしましょう。

  1. クリトリスを強く擦り付けない/圧迫しない
  2. 足を伸ばさない
  3. 仰向けや四つん這い、M字開脚でオナニーをする
  4. いつも同じオナニーのやり方をしない
  5. 「感じる」オナニーを楽しむ

床オナニーは中毒性があるため、5つ目を1番に考えて下さいねー。

明美
ただ「オーガズム」だけを目標にし「感じる過程」を楽しめないオナニーは危険なの。彼氏とのセックスは、肌のぬくもりを感じ合い、ゆったりと愛しあってこそ、良いオーガズムが得られます。

セックスでイケなくてもいいなら、問題ありませんが、一度、以下の床オナ疑惑のある遅漏の彼氏とのセックスを想像してみてくださいね。

床オナニーのせい?
今お付き合いしている彼氏が遅漏で毎回セックスに五時間かかります。朝晩セックスしたら1日のほとんどがセックスで人生無駄にした感じがします。遅漏は床オナニーのせいでは?と疑っていますが本人はやってないといいます。

先日、天井が鏡になったホテルで見てしまったのですが彼氏が正常位でイクとき不自然に足を閉じたり開いたりしていました。まるで水泳の平泳ぎです。

今まで見えなかったけど私の上ですごくキモい動きをしていたんだなと驚きました。今まで付き合った人はそんなことしていませんでした。

毎回5時間のセックス、大変そう・・・。まるで平泳ぎみたい・・・。床オナや足ピンでイク癖がついていて、どうにかイケるように足を閉じたり開いたり試行錯誤していると予想できます。

キモい動きと思っても仕方ありませんね。彼女さんの予想のように、床オナの癖がついているように感じます。きっと、この男性はイクために必死で、彼女を抱いている喜びなど味わえていない気がしますね。

これが逆になったと考えてみてください!

イクためだけに必死の女性を見て、同じように「キモい」と思わせてしまうかも。せっかく愛し合っているのに、イクためだけなら相手は誰でもいいんじゃ?って思いませんか?

明美
「これでしか興奮しない!もうやめなきゃ」 ⇒ 「でもイキたいからしてしまう」その繰り返しになると、なかなか改善できないので気をつけてくださいね!

床オナニーの中イキ開発法

中イキしている女性

いっそのこと床オナと中イキ開発を一緒にしちゃいましょう!

私のおすすめは、ディルドなどのアダルトグッズを挿入した「おばぁちゃん座り床オナニー」です。

  1. おかずやエッチな妄想などで興奮度を上げる
  2. ディルドを挿入し、おばぁちゃん座りになる
  3. お尻を床に押し付けるように揺らす(前に手をつくとやりやすい)
  4. 高まってきたら、同じ動きを同じリズムで継続する

床オナでクリトリス、ディルドで中から。同時攻めとなり、中イキの練習になりますよー!

注意点は、清潔な床ですること。ディルドを挿入してから下着を履いてもOKだし、裸の場合は綺麗なバスタオルを敷きましょう。また、丸めた布団の上などの上に座る床オナは絶対ダメですよー!(クリトリスへの刺激はあくまでも補助的に。硬い床にゴリゴリするのもNG)

おすすめは、私も愛用しているピンクアングルです。ピンクアングルで初めて中イキできた女性もたくさんいるの!感度がアップし、床オナのリスクも低いので、一度試してみてくださいねー。

振動する膣トレグッズや、少し大きめのローターなんかもおすすめですよー。

まとめ

床オナニーは、リスクがそこまで高くないオナニーですが、「床オナもどき」はものすごく危険、とにかく今すぐやめましょう!そして、とにかくどんなオナニーでも、クリトリスへの強い刺激と足を伸ばさない、この2つを意識して「イクためのオナニー」ではなく、「感じる」ために楽しむオナニーをしてくださいねー。そして、毎回同じやり方のオナニーをしないように!

また、どうせ床に擦り付けるなら、中イキ開発も一緒にするのがベストー!!です❤️

 
床オナもどきをしている女性、足を伸ばしている方は、以下も参考にしてくださいね。

参考文献 BBC NEWS / iroha /
おすすめの記事